MENU

 

 

効果あり?彼ママへの対応

彼氏と付き合って2年近くたったころ、彼氏が「彼氏が家族と会ってくれる?」というので、彼氏の家にお邪魔しました。付き合い始めてからそれまで、1回も彼氏の家族に会ったこともなく、彼氏は自分の両親から「付き合っている人がいるなら連れてきなさい」と言われたようです。

 

彼ママ体験談

私は、彼ママに会う前、彼氏から「ママはあんまり君のことをよく思っていない…」ということを聞いていました。彼はアパートに1人暮らしをしていたのですが、私がそのアパートに出入りしているのを彼から聞いたようで、私の印象はあまりよいイメージではなかったようです。だからなのか、初めて彼の実家で彼ママに会ってあいさつをした時に、笑顔もなくそっけない表情であいさつを返されました。やっぱり私のことはあまりよく思っていないのかな…と落ち込んでいましたが、彼氏の部屋にいたときに、彼ママがコーヒーを2人分持ってきてくれました。そこで、「あ、彼ママがおもてなししてくれた」と私も少し嬉しくなりました。私は、その日彼から家族に君を紹介したいと言われていました。彼が家族が全員そろったら君を紹介するといったので待っていましたが、なかなか彼の家族が全員そろわず、気が付いたら夕方になり日が暮れていました。その時、私たちがいる部屋の扉をトントンとたたく音がしました。何かな?と思ってみてみると、彼ママが「何時に帰んの?」と怖い表情で言いました。日も暮れてきたし、家から最寄の駅まで距離があったので、彼ママが私のことを車で送っていこうと思ってくれていたようです。しかし、夕方になっても私が帰る気配もなく、気になって家のことも手つかずだったようで、怒っていました。私たちはもう帰ったほうがいい!と思い、その日は彼氏のママだけでなく彼の家族とも何も話せないまま帰りました。

 

気をつけたこと・コツ

彼のママは私に会う前から私のことを嫌っていたようなので、私はあいさつだけでもハキハキと明るく笑顔で言おうと会う前から心掛けていました。初めて家にお邪魔した時、玄関先で「こんにちは。○○と言います。…」と軽く自己紹介をしてあいさつをしました。そして、帰るときは日が暮れていたので(夕方の6時ぐらい)、「今日はありがとうございました。急にお邪魔してしまってすみません、おやすみなさい。」と頭を下げてあいさつをしました。この最後の帰るあいさつをした時に、彼ママは私ににっこりと笑顔を見せてくれ、手を振ってくれました。彼ママに嫌われていた私だけど、あいさつを明るくハキハキとそしてお辞儀も礼儀正しくしたおかげで、少しは見直してくれたようです。初めて会うときはやはりあいさつが肝心なんだなぁと思いました。

 

彼ママに会うための服装がない!?
ファッションレンタルサービスなら、彼ママウケのよい清楚なお洋服が借りられます。
参考:レディース洋服レンタルを徹底比較

このページの先頭へ